PR

 日本マイクロソフトは2013年10月18日、パソコン用OSの新バージョン「Windows 8.1」の発売に関する会見を開催した。樋口泰行社長は、スタート画面のカスタマイズ性を高めるなどWindows 8から操作性を改善したことを訴求。会場には8型タブレットなど同OSを組み込んだメーカー各社の最新製品が並んだ。

関連記事:ここが変わった! Windows 8.1クイックレビュー

 Windows 8.1は、Windows 8の使い勝手を改善した新バージョン。日本では10月17日午後8時から、「Windows ストア」でアップグレードの無償提供が始まった。Windows 8ユーザーはダウンロードにより、Windows 8.1へアップグレードできる。18日にはメーカー各社がWindows 8.1を搭載したパソコンを発売したほか、Windows 7など既存OSのユーザーに向けたパッケージ製品も発売された。

 Windows 8の発売から1年後に新バージョンが登場した点について、「これからは短いサイクルでOSを強化していく」(日本マイクロソフトの樋口泰行社長)と説明。単なるバグの修正ではなく、「ユーザーの要望を真摯に聞いてフィードバック」(樋口社長)し、さまざまな機能を強化したOSであることを強調した。デスクトップ画面とスタート画面をシームレスに行き来できるようになったことや、SkyDriveなどクラウドサービスと連携しやすくなったことなどを説明した。

 iOSやAndroidを搭載したタブレットとの競合などによってWindowsパソコンが苦戦する中、「あらゆる用途に応じたバリエーション豊富な製品がそろった。しぶとく、じわじわと追い上げたい」(日本マイクロソフトの樋口泰行社長)と意気込みを語った。

 発表会では、各メーカーの代表者が登場し、新製品を披露した。特に目立ったのは海外では発表となっているものの、日本国内の発売が明らかになっていない8型ディスプレイを搭載したタブレット。日本エイサーは「Iconia W4」、レノボ・ジャパンは「Miix2」とみられる製品を公開。デルは「Venue 8 Pro」、東芝も新製品を紹介した。エプソンダイレクトは2014年1月下旬に発売予定の11.6型のタブレットを展示。シャープはIGZO液晶を搭載した「Mebius Pad」を、日本ヒューレット・パッカードは手の動きで操作できる「Leap Motion」対応ノートなどを展示した。