PR

 自作パソコン向けパーツの店舗などを手がけるドスパラは2013年10月17日、18日のWindows 8.1発売に合わせて深夜販売イベントを開催した。単独店舗でのイベント実施にもかかわらず、店頭には100人以上が詰めかけた。

 イベントの内容は特価品の販売や、テクニカルライターの高橋敏也氏のトークショー、景品が当たるじゃんけん大会など。午後11時55分にドスパラの畑谷浩治副社長が挨拶し、午前零時直前からカウントダウン。零時過ぎから予約者へWindows 8.1を順次引き渡した。

 東京・秋葉原の自作パソコン向けパーツ専門店は、廃業や統合により減少傾向にある。そうした中でもイベントを開催したのは「新しいOSをユーザーにきちんと見せて、市場を盛り上げるため」(ドスパラの江澤貴行広報担当)。来店者数はほぼ目標通りだったという。「マイクロソフトはWindows 8.1に自信があると言っている。良い点をお客さんに伝えて、Windows 8のときよりも大きな盛り上がりを作っていきたい」(江澤氏)とした。

深夜販売イベントを実施した、東京・秋葉原のドスパラパーツ館。前面の道路が埋まるくらいの人出だった
深夜販売イベントを実施した、東京・秋葉原のドスパラパーツ館。前面の道路が埋まるくらいの人出だった
[画像のクリックで拡大表示]

DSP版のWindows 8.1の価格。Windows 7/8には、「窓辺ななみ」「窓辺ゆう」「窓辺あい」といったイメージキャラクターがある。それらの画像などが入った特別版も予約を受け付けた
DSP版のWindows 8.1の価格。Windows 7/8には、「窓辺ななみ」「窓辺ゆう」「窓辺あい」といったイメージキャラクターがある。それらの画像などが入った特別版も予約を受け付けた
[画像のクリックで拡大表示]

特価品も用意し、午後10時から販売した。多くの人で賑わい、早々に売り切れた商品もあった
特価品も用意し、午後10時から販売した。多くの人で賑わい、早々に売り切れた商品もあった
[画像のクリックで拡大表示]