PR

 マウスコンピューターは2013年10月18日、法人向けの超小型デスクトップパソコン「MousePro M」シリーズを発売した。液晶ディスプレイ背面に設置でき、店頭や公共スペースでの情報表示端末などにも向くという。直販価格は3万9900円から。

 横幅26mm、重さ約880g(スタンド装着時)の超小型きょう体を採用し、VESAマウントキットを標準で付属した。Celeron 1037UまたはCore i3-3227Uプロセッサーと、標準4GBのメインメモリーを搭載する。光学ドライブは非搭載。OSはWindows 7 Professional。最大8GBのメインメモリーや大容量HDD/SSDなどのカスタマイズに対応する。

 Celeron 1037Uモデルは、320GB HDD搭載の「MousePro-M375E-1018」(直販価格3万9900円)、128GB SSD搭載の「MousePro-M375ES-1018」(同4万4940円)、MousePro-M375E-1018と21.5型フルHD液晶ディスプレイとのセットモデル「MousePro-M375E-P22L-1018」(同5万2500円)。

 Core i3-3227Uモデルは、320GB HDD搭載の「MousePro-M375B-1018」(同5万6700円)、128GB SSD搭載の「MousePro-M375BS-1018」(同6万3840円)、MousePro-M375B-1018と21.5型フルHD液晶とのセットモデル「MousePro-M375B-P22L-1018」(同6万8880円)。