PR

 ナイキは2013年10月21日、スマートフォンと組み合わせて運動量を記録できる腕輪型デバイス「Nike+ FuelBand SE」を発表した。従来モデルからデザインを一新したほか、耐水性を高めるなどの改良を加えた。ユーザーの行動や運動の達成度を確認できるiPhone向けのアプリも配信する。発売日は11月6日、直販価格は1万5750円。

 Nike+ FuelBand SEは、海外で発売されていた従来モデルの改良版。従来モデルからデザインを変更し、ピンク、オレンジ、緑など5色を用意した。耐水性も高めた。加速度センサーを搭載しており、ユーザーの動きを検知して「NikeFuel」という独自の単位で運動量を表示する。バンドが備えるLEDの表示でNikeFuelの数値を確認できる。目標の達成度に合わせてLEDの表示を赤から緑に変化させる機能もある。

 iPhone用の専用アプリでは一日のNikeFuelの獲得状況をグラフで確認できるほか、友人とコミュニケーションを取る機能を備える。iPhoneとはBluetooth経由で通信できる。

 発表会場にはボクシングスーパーフェザー級チャンピオンの内山高志さん、フィギュアスケートの安藤美姫さん、元陸上選手の為末大さんが登場した。為末さんは「世界一を目指すためには、自分がどの位置にいるのか、基準を持つことが大切。現役時代は負荷の量を数値化して、山頂まではあと何歩でいけるぞと、奮い立たせていた」と語り、トップアスリートも運動量の数値化によって大きな成果を出していることを説明した。