PR

 米Appleは現地時間2013年10月22日、薄型化・軽量化を図った新たな9.7インチタブレット端末「iPad Air」と、7.9インチタブレット端末「iPad mini」に「Retina」ディスプレイを採用した新モデル「iPad mini with Retina display」を発表した。11月に発売する。発表時点で、日本ではソフトバンクモバイルとKDDIでの取り扱いが決定している。

 iPad Airは、現行モデルのiPad(第4世代iPad)と比べてディスプレイ周囲のベゼル部分が43%狭くなり、筐体は20%薄く、28%軽くなった。外形寸法は240×169.5×7.5mm、重量は469g(Wi-Fi接続専用モデルの場合)。連続バッテリー駆動時間は最大10時間。

 iPad mini Retinaディスプレイモデルは、iPad Airと同様の解像度(2048×1536ドット)を提供し、ピクセル密度は326ppi。1080pフルHDビデオ再生に対応する。外形寸法は200×134.7×7.5mm、重量は331g(Wi-Fi接続専用モデルの場合)。

 いずれも最新モバイルプラットフォーム「iOS 7」を採用し、64ビット「A7」プロセッサと「M7」モーションコプロセッサを内蔵する。iPad Airは従来と比べ最大2倍のCPU性能とグラフィックス性能を、iPad mini Retinaディスプレイモデルは従来と比べ最大4倍のCPU性能と最大8倍のグラフィックス性能を提供するとしている。

 カメラは500万画素の「iSight」、120万画素の「FaceTime HD」を搭載する。ストレージ容量は16Gバイト、32Gバイト、64Gバイト、128Gバイトを用意。デュアルバンドWi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n)に対応し、MIMOをサポートする。Wi-Fi接続専用のほか、LTE高速通信を含む携帯電話ネットワークに対応したWi-Fi+Cellularモデルも用意する。

 iPad Airは、米国、日本、中国を含む42カ国/地域で11月1日に販売を開始する。米国での希望小売価格はWi-Fiモデルが499ドル(日本では5万1800円)から、Wi-Fi+Cellularモデルが629ドルから。

 iPad mini Retinaディスプレイモデルは11月中にリリースする。米国での希望小売価格はWi-Fiモデルが399ドル(日本では4万1900円)から、Wi-Fi+Cellularモデルが529ドルから。

 また同社はオリジナルのiPad miniを値下げする。16GバイトのWi-Fiモデルが299ドル(日本では3万1800円)、Wi-Fi+Cellularモデルが429ドルとなる。

[発表資料へ]