PR
写真1●NokiaのStephen Elop氏
写真1●NokiaのStephen Elop氏
[画像をクリックすると拡大表示]

 Nokiaは10月22日、アラブ首長国連邦のアブダビで開催中の「Nokia World Abu Dhabi 2013」の基調講演で、同社初のWindows RTタブレット「Lumia 2520」など6機種の新製品を発表した。

 発表会には、これまでと同じくNokiaのStephen Elop氏が登壇した(写真1)。米Microsoftによる買収発表後、Elop氏はNokiaのCEOからDevices&Services部門のExecutive Vice Presidentへと肩書きが変わっている。なお、今回発表されたいずれの製品も日本向けの展開については言及されていない。

Nokia初のWindows RTタブレット「Lumia 2520」

 「Lumia 2520」は、Nokia初のWindowsタブレット製品となる(写真2)。Lumiaシリーズのスマートフォンと同様のデザインやカラーバリエーションが特徴(写真3)。

写真2●Nokia初のWindows RTタブレット「Lumia 2520」
写真2●Nokia初のWindows RTタブレット「Lumia 2520」
[画像をクリックすると拡大表示]
写真3●オプションでキーボードも用意する
写真3●オプションでキーボードも用意する
[画像をクリックすると拡大表示]

 Windows RTタブレットとして初めて、QualcommのSnapdragon 800を採用。Tegra 4を採用したSurface 2とは異なり、LTEモデルのみとなる。対応するLTEのバンドは最大で2/3/4/5/7/13/17/20の8種類。米国ではAT&T MobilityおよびVerizon Wirelessから、それぞれのLTEバンドに対応したモデルが発売予定となっている。