PR

 イー・アクセスは2013年11月1日、Androidの最新バージョンであるAndroid 4.4搭載のスマートフォン「Nexus 5」を11月中旬に発売すると発表した(写真1)。同社はNexus 5を販売する国内初の携帯電話事業者となる。

 Nexus 5は米グーグルが米国時間2013年10月31日に発表したばかりのスマートフォン(写真2)。5インチのフルHDディスプレイ(1920×1080、445ppi)、2.26GHzのクアッドコアCPU(米クアルコムのSnapdragon 800)を搭載し、光学式手ぶれ補正機能のある800万画素のカメラも備える。外形寸法は幅69×高さ138×厚さ8.6mm、重量は約130g。カラーはブラックとホワイトの2種類がある。

 イー・アクセスのエリック・ガン代表取締役社長は発表会で、「ほかの会社も5インチのフルHDクラススマホを出しているが、それらの中で1番軽い」と軽さをアピール。このほか、音声認識による検索などのデモを披露した。

 通信方式は900M/1.7G/2.1GHz帯のLTE(900MHz帯は2014年春以降に提供開始予定)、900M/2.1GHz帯のW-CDMAに対応。無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4G/5GHz帯)に対応している。NFC(Androidビーム)、ワイヤレス充電も利用可能だ。

 端末価格は5万400円。一括払いの場合、店頭キャンペーン価格で3万9800円、NTTドコモとKDDIからの乗り換え(MNP)で2万4800円などになる(いずれも2年契約。価格は販売店が定める)。分割払いの場合、割引オプションを利用すると420円×24回となり、実質の支払額は1万80円になる。月額利用料金は、基本使用料が980円。定額データ通信料は4935円だが、割引の適用で25カ月間3880円になる。なお、月間のデータ通信量は5Gバイトまでという制限がある。

 このほか、モバイルルーターの「Pocket WiFi」をセットで契約しているユーザーに対し、スマートフォンの通信料金を割り引くキャンペーン「Wi-Fi セット割」も発表した(写真3)。11月1日から開始する。

 Wi-Fi セット割は、イー・アクセスまたはソフトバンクモバイルのPocket WiFiを契約しているユーザー本人とその家族に対し、スマートフォンの定額データ通信料を2年間で最大980円割り引くというもの。3年目以降は最大780円割り引く。割引が適用されるスマートフォンは5回線までで、特定の機種および料金プランが対象となる。