PR

 ネットギアジャパンは、IEEE802.11ac(draft)に対応した無線LANルーター「R6300」およびUSBアダプター「A6100」を2013年11月下旬に発売する。2.4GHz帯と5GHz帯を同時に利用できるデュアルバンド対応モデルで、理論値で最大1300Mbps(5GHz帯)の高速ワイヤレス通信が可能。価格はオープン。

 両モデルとも、到達エリアが広く、安定して接続できるビームフォーミング機能を搭載。家の中で随時移動するワイヤレスデバイスの位置を確認し、トラッキングしながらシグナルの位相を調整することで、高速ダウンロードや途切れないHD動画再生、ラグのないゲームなど高パフォーマンスなワイヤレス接続が可能という。

 R6300(写真1)は、インストールCD不要でスマートフォンから簡単に設定できる。また、独自の管理ソフト「NETGEAR genie」(Windows/Mac/iOS/Android)を用意し、本体設定に加えて、ネットワークの管理やモニタリングなどが簡単に行える。同社Webサイトから無償でダウンロードできる。

 このほかにも、USB 3.0端子とUSB 2.0端子を各1基ずつ備え、無料アプリ「ReadySHARE」を使ってUSBデバイスをワイヤレスで共有できる。OpenDNS機能を利用したペアレンタルコントロールサービスを無料で提供する。本体寸法は高さ191×幅198.5×厚さ65mm、重さは約430g。予想実売価格は1万6800円前後。

 A6100(写真2)は、NETGEAR genieのアダプター管理バージョンを同こんし、ウィザードに従うだけで簡単にインストールできる。また、WPS対応で、ルーターとの接続もボタン1つで行える。本体寸法は長さ36.1×幅18.4×厚さ8.1mm、重さは約8g。予想実売価格は2780円前後。