PR

 日本マイクロソフトは2013年11月1日、サーバーOS「Microsoft Windows Server 2012 R2」と、システム管理製品「Microsoft System Center 2012 R2」のボリュームライセンスを販売開始した。Windows Server 2012 R2については、パッケージ製品も同時に販売を開始している。

 Windows Server 2012 R2では、サーバー仮想化技術「Hyper-V」の最新バージョンが提供される。新バージョンでは、1つの仮想ハードディスクファイルを複数の仮想マシンに接続して共有ストレージとして利用できるほか、仮想マシンとしてLinuxゲストをフルサポートする。また、R2の記憶域スペースとしては、新たにライトバックキャッシュやデュアルパリティ、階層化記憶域をサポート。R2ではさらに、動的クォーラム監視(Dynamic Witness)機能が既定で有効になり、ノード数が奇数か偶数でクォーラム構成を選択する必要がなくなった。

 System Center 2012 R2では、Virtual Machine ManagerにMicrosoft Windows Server Gatewayプロバイダーを追加。これを使用することで、Windows Server 2012 R2のRRAS(Routing and Remote Access Service)の自動構成が可能となる。また、これまで8項目のモバイルデバイスの設定が可能だったConfiguration Managerは、R2では16項目まで設定できるようになった。

 それぞれの製品のOpen Businessライセンス(3ライセンス以上~)での参考価格は、Windows Server 2012 R2 Datacenterが1 CPUあたり119万円、Windows Server 2012 R2 Standardが同17万円、Windows Server 2012 R2 Essentialsが同9万6200円、System Center 2012 R2 Datacenterが同51万2400円、System Canter 2012 R2 Standardが同18万8100円となる。