PR

 日本マイクロソフトとパソコンメーカー、周辺機器メーカーなどが参加する業界団体「WDLC(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム)」は2013年11月6日、Webサイトや家電量販店の店頭で、「最新パソコン、買うなら今でしょ!」キャンペーンを開始すると発表した(写真1)。東進ハイスクール講師の林修氏をキャンペーンキャラクターとし、最新パソコンの購入を後押しする。

 キャンペーンは11月6日から2014年4月9日まで実施する。Windows XPのサポート期間終了が2014年4月に迫っていることから、買い替えと最新パソコンへの移行を訴求していく。

 WDLCの香山春明会長は、11月6日に開催したキャンペーンの記者発表会で「消費者からは、どんなPCを買えばいいかわからない、使いこなせるか自信がない、買い替えのタイミングが分からないという声がある。これらについて、分かりやすく説明する必要があると考えた」と、林氏起用の理由を明かした(写真2)。

 発表会では、経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室の上村昌博室長も登壇(写真3)。「サイバー攻撃はOSの脆弱性を突いてくる。(2014年4月以降は)セキュリティ更新プログラムが提供されないWindows XPでなく、技術的にも進歩している新しいOSを使ってほしい。業界には、さらなる普及啓発や、OS移行を促す取り組みをお願いしたい」と挨拶した。

 キャンペーンのWebサイトでは、林氏が販売員として家電量販店の店頭で実際に接客する様子や、使い方を教える様子などを、動画で公開する(写真4)。林氏は、販売員として接客した体験について、「接客しているときは夢中だった。ただ、相手に伝える、という点では講師も販売員も共通していると感じました」と感想を述べた(写真5)。発表会後、林氏はビックロビックカメラ新宿東口店で、販売員として商品説明をする様子を披露した(写真6)。

 店頭では、WDLCの理事会社であるNECパーソナルコンピュータ、ソニー、東芝、富士通の4社を中心に、キャンペーンのリーフレットを配布する(写真7)。リーフレットには、パソコンの具体的な利用シーンとして「写真整理」「旅行日記」「子供とコミュニケーション」などの様子を紹介。日経パソコン提供のパソコン活用記事を無料でダウンロードできるURLも記載している。

 このほか、日本マイクロソフトはWDLCのキャンペーンと並行する形で、最新パソコンの購入促進キャンペーンなどを独自に実施する。

 「Windows XPから買い替えるなら今でしょ!」キャンペーンでは、家電量販店6社と連携し、5000円前後の買い替え特典を提供する。また、Office 2003から最新版Officeへ乗り換え促進を目的に、100万円分の家電購入権が当たるオープン懸賞「買い物王キャンペーン2」、Office搭載パソコン、パッケージ購入者を対象にした「Skype世界61か国 1か月かけ放題プレゼント」キャンペーンなどを実施する(関連記事)。