PR

 東芝は2013年11月13日、無線LAN機能を搭載したSDHCメモリーカード「FlashAir W-02」シリーズに、記憶容量32GBモデル「SD-WD032G」(写真)を追加すると発表した。11月16日に販売を開始する。

 SD-WD032Gには、スマートフォンの無線LAN設定を切り替えずにFlashAirとインターネットの両方に同時アクセスできる「インターネット同時接続機能」を新たに搭載した。価格はオープンで予想実売価格は7500円前後。

 FlashAir W-02シリーズは、デジタルカメラで撮影した写真やメモリーカードに保存されたデータを、無線LAN経由でスマートフォンやタブレットと共有できるSDHCメモリーカード。スピードクラスはClass 10。無線LAN規格はIEEE802.11b/g/n、セキュリティはWEP/TKIP/AES(WPA/WPA2)に対応する。

 新搭載のインターネット同時接続機能は、FlashAirを経由して無線LANアクセスポイントにアクセスできる機能で、スマートフォン側の無線LAN設定をFlashAirに設定したままインターネットにアクセスできるようになる。ただし、あらかじめFlashAir側で無線LANアクセスポイントの接続設定をしておく必要がある。

 なお、既に販売中の8GBモデル(SD-WC008G)と16GBモデル(SD-WC016G)でも、同社のWebサイトで公開するソフトウエア更新ツールを使ってバージョンアップすることで、インターネット同時接続機能を使えるようになる。