PR

 シャープは2013年11月14日、ロボット掃除機の新製品「COCOROBO RX-V200」を発表した(写真1)。赤外線のリモコン機能でエアコンやテレビなどを遠隔操作できる機能を加えたほか、天気情報を声で通知する機能を加えた。発売は12月5日。実勢価格は約13万円。

 COCOROBO RX-V200は自動で室内を移動し、ゴミやちりを集めるロボット掃除機。AndroidやiOSの専用アプリケーション「ココロボ~ド」で遠隔操作できる点が特徴(写真2)。ユーザーはアプリを通して掃除を開始するように指示できるほか、内蔵カメラで室内の様子を見たり、室内の温度や湿度を確認したりできる。

 新たに赤外線の家電コントローラーを本体に内蔵した。最大10台までの家電を遠隔操作できる。学習リモコンとしての機能もあり、他社製品でも制御可能とした。

 ユーザーがCOCOROBO RX-V200の周囲にいる際には、声で指示を出せる。インターネットからデータを取得するクラウド連携機能も加えた。本製品では、「天気を教えて」と呼びかけると「明日の天気は曇りのち雨だよ。傘を持って行ったほうがいいよ」などと天気の情報を伝える。天気以外の情報配信は今後対応を検討する。

 本体の幅を30.4cmに小型にして家具の間などに入りやすくした。じゅうたんやゴミの有無を検知してモーターの回転数を1分間に1万1000~1万6000回転の間で制御する機能も備えている。