PR

 日本通信は2013年11月18日、通話専用のSIMカードを貸し出す携帯電話サービス「携帯電話SIM」を11月23日から提供すると発表した。解約して使っていない携帯電話機を、通話専用で再利用したいといった用途に向けたという。NTTドコモのFOMA携帯電話機で利用できる。

 音声通話とSMS(ショート・メッセージ・サービス)だけが利用できる。日本通信がデータ通信サービスを省いたSIMカードを提供するのは初めて。誤った操作などで予期しないデータ通信料金が発生するのを防げる点などを訴求する。

 通話料金で「S・M・L」の3種類のメニューを用意した。Sは月額基本料1290円に1300円分の通話を含み、追加の通話料は30秒当たり20円。Mは月額基本料2290円に2700円分の通話を含み、追加の通話料は30秒当たり18円。Lは月額基本料3710円に5000円分の通話を含み、追加の通話料は30秒当たり14円。

[発表資料へ]