PR

 マウスコンピューターは2013年11月20日、OSに「Windows Server 2012 R2 Essentials」を搭載した小型サーバー「MousePro SV220ES」シリーズを発売した(写真1)。専門の管理者がいなくてもWindowsパソコンを普段から使っているユーザーであれば簡単にファイル共有やセキュリティ管理などに運用できる。直販価格は9万9750円から。

 幅200×奥行き337×高さ273mmのコンパクトなキューブ型きょう体を採用。ホットスワップ対応のHDDマウンターを前面に4基備える。チップセットはインテル「C222」を採用。標準4GB(最大16GB)のECC対応メモリー、2基のギガビットLANなどを搭載した。

 「MousePro-SV220ESE」は、デュアルコアのPentium G3220と500GB HDDを搭載し、直販価格は9万9750円。「MousePro-SV220ESX」は、クアッドコアのXeon E3-1265LV3と2TB HDDを2基RAID-1構成で搭載し、同14万4900円。MousePro-SV220ESX-DCQは、MousePro-SV220ESXに300GB SSDを追加したモデルで、同17万9970円。