PR

 米Facebook傘下のInstagramは現地時間2013年11月20日、米MicrosoftのモバイルOS「Windows Phone」に対応したアプリケーションを公開した。「Windows Phone Store」から無償でダウンロードできる。

 Windows Phone向けアプリケーションは、「Windows Phone 8」で利用可能。英語、スペイン語、ドイツ語など15カ国語に対応しているが、日本語は含まれない。現時点ではまだベータ版で、iOSやAndroid向けアプリケーションと比べ機能に制限がある。同社は「できるかぎり早くWindows Phoneユーザーに利用してもらいたいと考え、中核機能に焦点を当てた」と説明している。順次機能を追加していく予定という。

 米メディアの報道(The Verge)によると、Windows Phone向けアプリケーションでは動画のアップロード、写真に写っている人のタグ付け、ジオタグ付き写真のマップ表示といった機能が抜けている。

[発表資料へ]