PR

 キヤノンは2013年12月3日、レンズ交換式カメラ「EOS M2」を12月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。

 EOS M2は、同社の一眼レフ「EOS Kiss X7」と同じ、APS-Cサイズで有効画素数1800万画素のCMOSセンサーを搭載したレンズ交換式カメラ。2012年9月に同社が発売した「EOS M」の後継製品となる。レンズマウントは通常より小型の「EF-Mマウント」。一眼レフの「EFマウント」用レンズも、マウントアダプターを利用すれば使える。

 新製品の主な改良点は、本体の小型化、合焦速度の向上、無線LAN機能搭載の3点。本体サイズは、幅104.9×高さ65.2×奥行き31.6mmで、前モデルと比べて幅が3.7mm、高さが1.3mm、奥行きが0.7mm短くなった。重さはバッテリーとメモリーカードを含んで274g。体積と重さは前モデルから8%減った。

 撮像面の一部を利用して焦点を合わせる「ハイブリッドCMOS AF」機能をバージョンアップし、前モデルと比べて合焦速度が2.3倍になった。機能名は「ハイブリッドCMOS AF II」となる。

 また、無線LAN機能を新たに内蔵。カメラ内にある画像をスマートフォンから簡単に閲覧できるほか、スマートフォンをリモコン代わりにして、カメラの設定や操作をすることも可能だ。

 連続撮影速度は最高で毎秒4.6コマ。最高で、1920×1080ドットでフレームレート30pの動画を撮影できる。ISO感度は自動露出時にISO 6400で、マニュアル露出時にはISO 12800まで拡張できる。背面の液晶モニターは3型でタッチパネルを搭載する。本体色は黒と白の2色。

 キヤノンのオンラインショップでは、本体のみの「EOS M2・ボディー」が6万4800円。35mmフィルム換算で28.8~88mm相当のレンズが付属する「同EF-M18-55 IS STMレンズキット」が8万4800円。レンズキットに加えて35.2mm相当の単焦点レンズとマウントアダプターが付属する「同ダブルレンズキット」が10万4800円。ダブルレンズキットに加えて17.6~35.2mm相当のズームレンズが付属する「同トリプルレンズキット」が13万4800円。