PR

 エヌビディアは2013年12月2日、7型タブレット「Tegra Note 7」を国内で12月4日から発売すると発表した。静電容量式ながらも滑らかにペン入力ができるようにした。エヌビディアがハードウエアのプラットフォームを開発し、パソコン周辺機器メーカーなどが販売するという事業モデルを取る。日本では香港ゾタックの製品としてアスクが販売する。実勢価格は約2万6000円。

 液晶ディスプレイは7型で1280×800ドット。CPUにTegra 4(1.8GHz)を搭載する。ストレージ容量は16GB。カメラは背面が500万画素、前面が30万画素。通信機能はIEEE 802.11 b/g/nとBluetooth 4.0。Micro HDMI端子とmicroSDメモリーカードスロットを搭載する。本体サイズは幅120×高さ190×厚さ9.4mm。重さは320g。OSはAndroid4.2を搭載する。

 独自のペン入力技術「DirectStylus」を搭載しており、静電容量式ながらも筆圧検知ができる。タッチパネルの感度を高めることで実現した。ペンを入力してから、筆跡が画面に現れるまでの応答性も高めた。このほか、スローモーションなどの機能を持つカメラ機能、バスレフ構造としたステレオスピーカー、ゲームを快適に実行できる高い性能も特徴に掲げた。

 エヌビディアがタブレットのプラットフォームを開発することについて、「メーカーはユーザーの要望に答える製品を迅速に投入できる。エヌビディアにとっても、Tegraのさまざまな機能を使ってもらいやすくなる」(マーケティング本部部長の林憲一氏)と説明。エヌビディアとメーカーの双方にメリットのある事業モデルだと強調した。