PR

 ジャストシステムは2013年12月3日、ワープロソフト「一太郎」の最新版となる「一太郎2014 徹」と、日本語入力システム「ATOK」の最新版「ATOK 2014 for Windows」を発表した。2014年2月7日に販売を開始する。

文字数が充実し、電子書籍制作機能も強化

 ジャストシステムでは、「一太郎2011 創」以来、年号の後に漢字一文字を付け加えた製品名を採用している。これについて「一太郎第二章として、新たな日本語ワープロのありかたを提案することが目的」とジャストシステム コンシューマ事業部 企画部の大野統己氏(写真1)は説明。2014年版の「徹」という名称には、「こだわりを持って作品を作り上げる一徹な職人のように、徹底したこだわりの表現を可能にするワープロソフトという意味が込められている」(大野氏)という。

写真1●ジャストシステム コンシューマ事業部 企画部 大野統己氏
写真1●ジャストシステム コンシューマ事業部 企画部 大野統己氏
[画像をクリックすると拡大表示]

 大野氏によると、徹の強化ポイントは主に4つ。1点目は文字や漢字表現、2点目はレイアウトなどのスタイル、3点目は創作行程、4点目は個人電子書籍制作環境だ。

 1点目の文字や漢字表現については、異体字の標準規格「IVS」(Ideographic Variation Sequence)に対応し、人名や地名を正しい字形で表現できるようにした。扱える文字数は、従来の1万3000文字から約5万8000文字に増加。異体字を文字コードのみで表現できるようになったため、一太郎から「Microsoft Word 2013」などのISV対応アプリケーションにコピーした場合でも、字形を保つことができるという。

 スタイルについては、用紙サイズや用途に応じたレイアウトが設定できる「きまるスタイル」機能を搭載した。A4サイズの「レポート」、A6サイズの「文庫本」、B6サイズの「詩集」、A5サイズの「手紙」など、カテゴリーから目的のレイアウトを選ぶと、文字サイズや文字組、字間、行間などが自動設定される。「表作成」機能も搭載し、目的に応じた罫線表の作成が容易になった。

 創作行程を支援する機能としては、バックアップ機能を強化。自動で複数世代のバックアップが保管できるほか、バックアップ履歴から、任意の時点の文書まで戻ることも可能だ。バックアップの回数やタイミングを設定したり、バックアップ先として外付けハードディスクを選ぶこともできる。

 電子書籍機能としては、「奥付」がEPUB形式やKindle(mobi)形式で出力できるようになった。また、固定レイアウト型EPUBの目次設定に対応したほか、一太郎で作成した本の表紙を、画像として保存・複製できるようになった。さらには、Kindle形式での保存時に、EPUB中間ファイルを別ファイルとして出力できるようになった。

 一太郎2014 徹の価格は2万円(価格はすべて税別)で、「字游工房フォント」やグラフィックソフト「花子2014」などが収録された上位版の「一太郎2014 徹 プレミアム」は2万5000円。プレミアムに「一太郎マウス型スキャナ」が同梱された最上位版の「一太郎2014 徹 スーパープレミアム」は、3万3000円となる。