PR

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は2013年12月4日、コミックの連載作品が無料で読めるタブレットやスマートフォン向けの新サービス「マンガボックス」を開始した。iOSとAndroid向けに専用アプリを配信し、当初は28作品を配信する(写真1)。連載した作品は電子書籍や紙の単行本を販売するほか、スマートフォンのゲームとして配信することで収益化を狙う。

 毎日3~5作品の更新を続け、1週間で全作品を更新する。ユーザーは過去12号分のバックナンバーが読める。作品は、日本語と同時に英語にも翻訳され、海外向けにも配信していく。今後は中国語にも対応していく予定。

 マンガボックスの編集長は「金田一少年の事件簿」などの原作者で、編集者としての経歴も持つ樹林伸氏(写真2)。配信するコミックの編集業務は、講談社をはじめ小学館などの出版社が手掛ける。DeNA内部の編集部門も一部の作品を担当する。

 出版不況と言われる中、コミック雑誌の部数は低迷している。その中で無料サービスを展開する狙いとして「我々が持つモバイルのノウハウと、出版社や編集長の樹林氏が持つ出版のノウハウを合わせて、変革を起こしたい」(DeNAの守安功代表取締役社長兼CEO)と語った。

 樹林氏は、コンビニのコミック誌がひもで縛られるようになり、立ち読みしづらくなったことが読者の減少につながっているという考えを延べた。今回の無料サービスには「立ち読みを補う効果がある。紙の漫画を否定するのではなく、読者が紙に戻ってくるきっかけになってほしい」(樹林氏)と、市場の底上げに期待をかけた。