PR

 ソニーは2014年2月18日、ノートパソコンの新製品「VAIO Fit 15A」「同14A」「同13A」を発表した。ソニーがパソコン事業の売却を発表したため、同社が発売するVAIOとしては最後の製品となる。

 いずれも画面を裏側に回転させて閉じるとタブレット型になる変形型のノートパソコン。2013年冬モデルと仕様はほぼ同じで、OSと一部の付属ソフトを変更した。冬モデルではWindows 8だったが、新モデルではWindows 8.1を搭載する。また、いずれの製品でもグラフィックスソフト「Photoshop Elements」の製品版を付属する。従来製品の一部では、同ソフトの体験版しか付属していなかった。

 15.5型液晶とCore i7-4500U(1.8GHz)を搭載する「VAIO Fit 15A SVF15N28EJS・B・P」は実勢価格が約19万5000円。同じく15.5型液晶でCore i3-4005U(1.7GHz)の「同15A SVF15N27EJS・B・P」は約17万円。14型液晶でPentium 3556U(1.7GHz)の「同14A SVF14N29DJS・P」は約14万5000円。13.3型液晶でCore i5-4200U(1.6GHz)の「同13A SVF13N29EJS」は約17万5000円。

「ソニーVAIO撤退」関連記事