PR

 米Appleは現地時間2014年7月29日、ノートパソコン「MacBook Pro with Retina display」の仕様強化を発表した。13インチと15インチともにプロセッサを高速化し、下位構成のメモリーを倍増した。15インチの上位構成は販売価格を引き下げた。

 13インチモデル(写真1)は、動作周波数2.6GHz(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)のデュアルコア「Intel Core i5」プロセッサ、8Gバイトのメモリー、128GバイトのSSDを搭載し、希望小売価格は1299ドル(日本では税別12万8800円)。256GバイトのSSDでは希望小売価格1499ドル(日本では税別14万7800円)。

 動作周波数2.8GHz(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)のデュアルコアCore i5、8Gバイトのメモリー、512GバイトのSSDを搭載した場合、希望小売価格は1799ドル(日本では税別17万5800円)。

 CTO(注文仕様生産)オプションで、動作周波数3.0GHz(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)のデュアルコア「Intel Core i7」プロセッサ、16Gバイトのメモリ-、最大1TバイトのSSDを選択可能。

 15インチモデル(写真2)は動作周波数2.2GHz(Turbo Boost使用時最大3.4GHz)のクアッドコアCore i7、16Gバイトのメモリー、256GバイトのSSDを搭載し、希望小売価格は1999ドル(日本では税別19万4800円)。動作周波数2.5GHz(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)のクアッドコアCore i7、16Gバイトのメモリー、512GバイトのSSDを組み合わせた構成は、従来より価格を下げて2499ドル(日本では税別24万8800円)で販売する。

 CTOオプションで、動作周波数2.8GHz(Turbo Boost使用時最大4.0GHz)のクアッドコアCore i7と最大1TバイトのSSDを搭載することも可能。

 新モデルはいずれも、同社オンラインストアおよび直営店、認定リセラーで既に購入可能。またAppleは、Retina非搭載の13インチMacBook Proを、希望小売価格1099ドル(日本での税別価格は10万8800円)に100ドル値下げすることも明らかにした。動作周波数2.5GHz(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)のデュアルコアCore i5と4Gバイトのメモリー、500Gバイトのハードディスクドライブを搭載する。

[発表資料へ]