PR

 ヤフーは2014年7月31日、スマートフォン向けカーナビゲーションアプリ「Yahoo!カーナビ」を同日公開したと発表した。VICSに対応し、リアルタイムの渋滞情報や交通規制情報をもとに、渋滞や通行止めを回避したルートを案内できる。月額利用料などの費用がかからない無料アプリで、App StoreおよびGoogle Playからダウンロードできる。

 オンラインでマップ情報を取得するカーナビアプリで、市販の車載型カーナビと同等の音声と3Dルートマップによるカーナビ機能を搭載。「おすすめ」「高速道路優先」「一般道路優先」の3種類のルート検索が可能。一般道路では、レーン情報や分岐イラストの表示、交差点名の音声案内などに対応。高速道路では、出口インターチェンジまでの導入路や分岐イラスト、サービスエリアやパーキングエリアまでの所要時間や施設情報などを表示する。

 このほかにも、約2万4000カ所の時間貸し駐車場のリアルタイム満車・空車情報、近くのガソリンスタンドのガソリン価格情報、約3万1000カ所のJAF優待施設などを検索できる。国内の主要なランドマークの3D表示や日の出・日の入り時刻に連動した昼夜モードの切替などの機能も備える。

 対応OSは、iOS 6.0以降、Android 4.0以降。同社は今後、ユーザーのフィードバックを元にコンテンツの追加や、有料の付加サービスなどを検討していく予定。