PR

 レノボ・ジャパンは2014年8月6日、Windowsタブレット「ThinkPad 10」の技術説明会を横浜で開催した(写真1)。ThinkPad 10はレノボによる最新の10インチ・Atom搭載のWindows 8.1タブレットで、7月29日に発売された。説明会にはレノボ・ジャパンの大和研究所でThinkPad 10の開発を手がけたメンバーが勢揃いし、技術的な解説をした。

写真1●ThinkPad 10
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に登壇したレノボ・ジャパン ThinkPad 製品担当の吉原敦子氏は、米調査会社IDCのデータを引用し、「法人市場では、タブレットをキーボードとともに販売する”2-in-1”の需要が増えていく。ノートPCも堅調に推移する」との見方を示した(写真2写真3)。

写真2●レノボ・ジャパン ThinkPad 製品担当の吉原敦子氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●IDCによる法人市場の動向予測
[画像のクリックで拡大表示]