PR

 マウスコンピューターは2014年8月7日、法人向けブランド「MousePro」から、「NVIDIA Quadro K1100M/K3100M」グラフィックスを搭載した15.6型モバイルワークステーション「MousePro NB9」シリーズを同日発売したと発表した。直販価格は13万7800円から(税別、送料別)。

 3D CADによる建築・製造設計、工業デザイン、3D CG制作などの用途向けモデル。フルHD(1920×1080ドット)解像度のノングレア液晶パネルを採用。4K解像度に対応する2系統のDisplayPort出力を備える。光学ドライブはオプション。バッテリー駆動時間は約3.5時間。本体寸法は幅376×奥行き256×高さ43mm、重さは約3.10kg。

 NVIDIA Quadro K1100M搭載モデル「MousePro-NB976S1-WS-1408」は、Core i5-4210Mプロセッサーと4GBメインメモリー、180GB SSDを搭載する。直販価格は13万7800円。「MousePro-NB976X1X-WS-1408」は、Core i7-4710MQと16GBメインメモリー、256GB SSD、500GB HDDを搭載。直販価格は17万6800円。

 NVIDIA Quadro K3100M搭載モデル「MousePro-NB976S3-WS-1408」は、Core i5-4210Mと8GBメインメモリー、240GB SSDを搭載。直販価格は20万4800円。「MousePro-NB976X3X-WS-1408」は、Core i7-4710MQと32GBメインメモリー、512GB SSDを搭載。直販価格は27万9800円。

 OSはWindows 7 Professional(64bit版)で、Windows 8.1 Pro Update(64bit版)も選択可能。