PR

 リンクスインターナショナルは、Micro-ATX対応のキューブPCケース「CORSAIR Carbide Series Air 240」を2014年8月9日に発売する。優れた冷却性能と拡張性を備え、ハイエンドシステムの構築が可能という。予想実売価格は1万3800円前後。

 ケース内部を左右に分割した「デュアルチャンバ」設計を採用。マザーボードを左側、ストレージデバイスや電源ユニットを右側に分けることで、ケース内部に最適なエアフローを作り出すという。前面は大型メッシュフィルターを備え、「Direct Airflow Path」技術によりCPUやグラフィックスカード、マザーボードなどの熱源に直接的なエアフローを与えられる。

 標準で前面に120mmファン2基、上面に120mmファン1基を搭載。また、オプションで上面に129mmファンを更に1基、底面に120mmファン2基、側面に120mmファン1基、背面に80mmファン2基を追加可能。「H100i」などの水冷一体型ユニットも設置可能。サイドパネルはアクリルウィンドウで、LEDファンなどでドレスアップできる。

 2.5/3.5型シャドウベイ6基、2.5型専用シャドウベイ3基、拡張スロット4基を装備。シャドウベイはドライブケージごと取り外し可能で、システム構成に合わせてケース内部を自由にレイアウトできる。拡張スロットは最大290mmまでの大型カードを搭載可能。

 縦置き横置き両方に対応。本体色は「ホワイト」「ブラック」の2種類。本体寸法は幅260×奥行き400×高さ315mm、重さは約5kg。