PR

 電波環境協議会は2014年8月19日、「医療機関内での携帯電話等の使用に関する指針」を公表した。第2世代携帯電話サービスの廃止による携帯電話の電波出力の低下や、医療機器の電磁的耐性に関する性能向上などの状況変化を踏まえ、同協議会で平成9年に作成した指針を廃止し、新たな指針を作成した。

 新しい指針では、医療機関において利用者向けにエリアごとの携帯電話端末使用ルールを制定する際の考え方などを示している。携帯電話端末を使用可能な場所では、医用電気機器との離隔距離として、医用電気機器の電磁両立性に関する国際規格などを参考に「1m程度を目安」とした。

 指針案の検討時に行った実験での影響発生の最大距離は18cmで、指針では安全のために1m程度を離隔距離の目安として提示している。そのうえで、万が一影響が発生した場合のリスクが非常に大きい医療機器が設置されている手術室などのエリアでは、引き続き使用を禁止すべきとした。

 今回の指針の関連では、同協議会が「医療機関における携帯電話等の使用に関する作業部会」を設置し、報告書および指針案をまとめ、6月30日から7月22日までの間、意見募集を行った。発表資料では、反対を含め寄せられた意見と、それに対する考え方も示されている。

[発表資料へ]