PR

 HTC NIPPONは2014年8月19日、都内で新製品発表会「HTC Conference Tokyo 2014」を開催し、KDDIから8月29日に発売予定のAndroidスマートフォン「HTC J butterfly」(HTL23)の詳細を公開した(写真1)。2012年発売の同名のスマートフォン(HTL21)の後継モデルとなる。

写真1●HTC NIPPONが新しい「HTC J butterfly」を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会には台湾HTC Corporation CEOのピーター・チョウ氏とKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇した。さらにプロモーションに起用されたアイドルグループ「乃木坂46」も登場、新曲やテレビCMを披露するなど新製品をアピールした。

HTCとKDDIの親密ぶりをアピール

 最初にチョウ氏は、新しいHTC J butterflyを紹介し、「HTC J、HTC J butterfly、HTC J Oneに続く第4弾。オリジナルのbutterflyのデザインを継承し、純粋に美しいもの、基本的なニーズだけをシンプルに搭載した」と語った(写真2)。

写真2●台湾HTC Corporation CEOのピーター・チョウ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 新機能として、2つのレンズによる様々な撮影を楽しめる「Duo Camera」、JBLによるイヤホンの同梱などを挙げ、「KDDIとともに、ベスト・イン・クラスの製品とサービスを提供することにこだわっている」(チョウ氏)と自信を見せた。