PR

 台湾エイスーステック・コンピューターは2014年9月12日、インテル「Z97 Express」チップセットを搭載したMini-ITXサイズのゲーマー向けマザーボード「MAXIMUS VII IMPACT」を9月13日に発売すると発表した。価格はオープン、予想実売価格は2万9000円前後(税込み)。

 PCゲーマー向けおよびオーバークロッカー向け最上位モデル「R.O.G.(Republic of Gamers)」シリーズの新製品。オーバークロックでの使用を想定した8+2フェーズ構成の「Impact Power II」デジタル電源回路を基板に対して垂直に搭載。長時間高負荷となるゲーム用途で安定した動作が可能。

 寿命が5倍のコンデンサー「10K Black Metallic Capacitors」、60Aの大電流に対応したチョークコイル「60A BlackWing Choke」、半分のサイズで90%の高効率のMOSFET「NexFET Power Block」など、高性能な構成部品を使用した。

 また、ゲーム用高音質オーディオ「SupremeFX Impact II」、M.2とPCI 2.0 Mini Cardスロットを備えたインタフェース基板「mPCIe Combo IV」を垂直搭載した。このほかにも、PCI Express 3.0/2.0 x16スロットを1基備える。

 対応ソケットはLGA1150で、巨大CPUクーラーを装着できるファン接続ハブ「Impact CoolHub」を備える。対応メモリーはDDR3-3300が2基で最大16GBまで搭載可能。画面出力はDisplayPortとHDMIが各1系統。ストレージはSATA 6Gb/sが4基。