PR

 サイバーリンクは2014年9月17日、動画編集ソフトの新版「PowerDirector 13」(写真1)を発表した。タイトルやトランジション(場面転換)の作成ツールを強化し、H.265/HEVCやXAVC-Sといった最新の映像フォーマットに対応した。Windowsストアアプリの「PowerDirector Mobile」が付属し、同社のクラウドストレージサービスも利用できる。ダウンロード版は9月17日から提供開始。パッケージ版は10月10日に発売する。

 追加、強化した機能としては「タイトルデザイナー」「トランジションデザイナー」「メニューデザイナー」「新・手ぶれ補正」「100トラックマルチカム編集」などがある。タイトルデザイナーは映像のタイトルを作成するツール。「キーフレーム」を設定して、タイトルの位置や拡大縮小、移動の軌跡、エフェクト(特殊効果)を細かく制御できるようになった。トランジションデザイナーは、場面転換時の効果を設定するツール。ユーザーが用意した画像データを使って、独自に場面転換のパターンを制作できるようにした。

 メニューデザイナーはサムネイルの表示/非表示の設定やメニュー項目の画面上の位置の整列、フォントや背景のカスタマイズに対応。手ぶれ補正は水平/垂直以外のぶれも検知する。さらに、補正時に生じる揺れや歪みを抑えられるようにした。

 「100トラックマルチカム編集」として、最大100トラックをサポートする編集画面のタイムライン上で、複数の映像トラックの音声データを同期できるようにした(写真2)。同じシーンを収録したアングルの異なる複数の映像素材を用意し、表示する映像を順番に指定することでアングルを切り替えているかのような映像を制作できるほか、音声が同期した状態で異なる映像を一つの画面に複数表示するなどもできる。

 このほか、新たにH.265.HEVCやXAVC-Sといったフォーマットに対応した(写真3)。