PR

 パスロジは2014年10月24日、複数サイトのログインパスワードを記録しておく目的に特化したメモ帳アプリ「PassClip」(図1)を発表し、同日App Storeでリリースした。iPhone/iPadで利用できる。縦横のマトリックス(座標)の位置情報を利用してパスワードの文字を拾う仕組みであるため、パスワードを記憶しておく必要がない。また、他人がマトリックス表を見てもパスワードが分からないため、同ソフトを使うためにマスターパスワードを入力する必要がない。

図1●PassClipの使い方の概要(出典:パスロジ)
[画像のクリックで拡大表示]

 PassClipは、Webサイト/サービスのログインパスワードを記録しておくためのパスワード帳である。最大の特徴は、パスワードをそのままの形で記載するのではなく、パスワード文字列(8文字)を四つに分割し、分割した個々の2文字を縦5マス×横5マスのマトリックスの中にバラバラに埋め込んだものをパスワード帳として利用することである。パスワードを調べたいときは、あらかじめ登録しておいた位置にある2文字を、登録しておいた順番でつなぐことで、パスワードが分かる仕組み。

 Facebookや経費精算システムなど、ログインするWebサイトごとにパスワードを登録しておける。個々のサイトのパスワードを新規に登録する際に、そのサイトのパスワードを調べるために必要なマトリックス型のパスワード表を作成する。ユーザーは、マトリックスから文字を拾う際の位置と順番だけを記憶しておけば、サイトごとに異なるパスワードを使い分けられる。

様々な文字種に対応、ローマ字のひらがな表現も可

 パスワードとして利用できる文字種は、設定画面から制御できる。パスワード生成時には、設定内容を反映した形でマトリックス表が作られる。利用できる文字種として、(1)英字小文字、(2)英字大文字、(3)数字、(4)記号、を指定できる。英字小文字だけを選べば英字小文字だけでマトリックス型のパスワード表を生成し、英字小文字と英字大文字と数字を選べば、これらが混在したマトリックス型のパスワード表を生成する。

 マトリックスの1マスには、2文字が書かれる。これを四つつなげることで8文字のパスワードが得られる。8文字を超えるパスワードを記載することも可能であり、この場合は、9文字以降に付加する任意の文字列をパスワード生成時に指定する。この付加文字列はマトリックス表の下部に書かれているので、マトリックスから拾った8文字に付加文字列を加えたものがパスワードとなる。

 なお、パスワードを暗記しやすいように、ローマ字読みのひらがなで表現したマトリックス表を作成することもできる(図2)。1マスに入る英字2文字をローマ字のひらがな1文字で表現する形である。例えば「ne」は「ね」になる。ユーザーはマトリックス表からひらがな4文字を拾えばよいので、簡単に暗記できる。パスワード入力時にローマ字変換すればよい。

図2●ローマ字変換でひらがな4文字でも運用できる(出典:パスロジ)
[画像のクリックで拡大表示]