PR

 セキュリティソフトを手掛けるエムオーテックスは2014年10月27日、企業の情報漏洩を防止する目的で情報発信などするプロジェクト「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」を発足した。同プロジェクトではセキュリティ関連の特設サイトを設立、11月末にはMDM(モバイルデバイス管理)向けアプリケーションを無償で提供開始する。

 エムオーテックスの河之口達也代表取締役社長は「監視ツールなどを用いて技術面から対策しても、情報漏洩を完全に防ぐのは難しい。意識面からの啓発が必要だ」と話す(写真1)。同プロジェクトでは、企業の経営層や従業員、一般の消費者などに向けてセキュリティ関連の情報を発信していく。「セキュリティの問題は理解しづらいが、分かりやすい情報を発信していきたい」(河之口氏)

 同プロジェクトの監修を務めるのは、脆弱性診断やセキュリティ関連のコンサルティングなどするHASHコンサルティングの徳丸浩代表取締役(写真2)。特設サイトで、セキュリティ対策の事例を解説するコラムや、意識調査のアンケートなどを提供するという。

 同プロジェクト活動の一環として、エムオーテックスは11月末にスマートフォン、タブレット向けのMDMアプリ「LanScope An Free」を提供開始する。管理者はPCから遠隔で、同アプリを搭載する端末の操作を制限したり、端末上のデータを消去できる。

 LanScope An Freeは同社の提供するMDM向けのアプリ「LanScope An」の機能を、紛失や盗難対策に機能を絞ったもの。管理できる端末はiOS 5.0以降を搭載するiPhoneやiPad、Android OS 2.3.3以降とWindows 8.1を搭載するスマホやタブレットとなる。