PR

 セイコーエプソンは2014年10月29日、NFCを搭載したモバイルレシートプリンター「TM-P20」を11月27日に発売すると発表した。NFC対応スマートデバイスをかざすだけで簡単に印刷できる。価格はオープン。予想実売価格は、Bluetoothモデル「TM-P20BI」が4万円台半ば、無線LANモデル「TM-P20W」が4万円台後半。

 58mm幅ロール紙に対応したラインサーマルプリンター。印刷解像度は203×203dpiで、英数字・半角カナ(ANK)で32/38/42/48桁、漢字で16/19/24桁の印刷が可能。USB端子を搭載し有線接続も可能。従来機と比べて約3分の1に小型軽量化。また、高さ2mからの落下に耐える堅牢性を備えた。

 TM-P20BIは、Bluetooth 3.0(EDR対応)を搭載し、アップルのMFi(Made for iPod/iPhone/iPad)ライセンスプログラム認定を取得した。TM-P20Wは、IEEE802.11a/b/g/n無線LANを搭載する。

 バッテリー駆動時間は、TM-P20BIが約26時間、TM-P20Wが約16時間。同こんの「シングルチャージャー」を使って充電しながらの据え置き利用も可能。本体寸法は幅79.0×奥行き119.8×高さ43.6mm、重さは約212g(TM-P20BI)、約221g(TM-P20W)。

 システム開発者向けに、iOS/Android/Windowsタブレット用アプリケーションに印刷機能を簡単に組み込める開発キット「EPSON ePOS-Print SDK」を無償提供する。

■変更履歴
記事公開時、「Bluetoothモデル「TM-P20BI」が4万円台後半、無線LANモデル「TM-P20W」が4万円台半ば。」としていましたが、セイコーエプソンよりリリース中の価格に誤りがあったとの連絡があり、価格を修正しました。 [2014/10/30 22:30]