PR

 リコーイメージングは、撮影者を取り囲む全天球イメージを1ショットで撮影できるデジタルカメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」から、動画撮影に対応した新モデル「RICOH THETA m15」を2014年11月14日に発売する。価格はオープン。予想実売価格(税別)は3万円台前半。

 スティック形状の本体の前後に魚眼レンズを搭載し、1回シャッターを切るだけで360度の全天球イメージを撮影できる。撮影画像は、無線LANやUSB経由でスマートフォンやパソコンに転送して専用アプリを使って閲覧したり、専用Webサイト「theta360.com」やSNSに画像をアップロードできる。

 新モデルのm15は、撮影後にパソコン上で画像変換処理を行うことで、最大3分間の撮影画像を全天球動画として楽しめる。また、無線LANの転送速度を最大2倍に高速化。本体色に「ホワイト」「ピンク」「イエロー」「ブルー」のカラーバリエーションをそろえた。

 記録媒体は4GBの内蔵メモリーで、約1200枚の静止画、約40分の動画を記録できる。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、約200枚の撮影が可能。本体寸法は幅42×高さ129×奥行き22.8mm、重さは約95g。

 発売に伴い、theta360.comでAPI(Application Programming Interface)とSDK(Software Development Kit)を公開。ユーザーが独自の専用アプリケーションを開発できるようにする。