PR

 セイコーエプソンとエプソン販売は2014年11月11日、企業や学校などに向けた卓上型プロジェクターの新製品7機種を発表した。3機種は投写距離が短い短焦点プロジェクターで、従来製品よりも明るさやコントラスト比を高めた(写真1)。その他の4機種では、基本性能や使い勝手の向上を図った。いずれも、有効光束(白の明るさ)とカラー光束が同じになる3LCD方式を採用している。

 短焦点プロジェクターは、「EB-536WT」「EB-535W」「EB-530」の3機種。明るさはEB-536WT/同535Wが3400ルーメン、EB-530が3200ルーメンで、コントラスト比はいずれも1万6000:1(写真2)。従来機種(明るさが3000ルーメン、コントラスト比が3000:1)に比べて向上した。

 EB-536WTは、投写した映像の上に専用ペンで書き込みができる、いわゆる電子黒板機能を備える。約83cmの距離で80型の大画面に投写できるため、教卓に設置して黒板に投写するといった使い方ができる。また今回新たに、児童・生徒用のタブレット画面を投写するための教員用ソフトを用意した。任意の児童・生徒のタブレットの画面を選び、4画面まで同時に写し出せる(写真3)。50台までのタブレットを制御できるという。

 投写する映像をボタン一つで左右反転できる「ミラーモード」機能も新たに用意。ダンスの授業中に、模範演技をミラーモードで投影し、それを見ながら同じように踊るなどの活用法が考えられるという。

 「EB-965H」「EB-950WH」「EB-940H」「EB-950WHV」は、同社が「簡単・機能充実モデル」と位置付ける製品(写真4)。明るさなどの基本性能は従来機種と同等だが、QRコードを用いてタブレットなどとの接続設定ができる機能や、MHL対応のモバイル端末との接続機能などを新たに追加した。明るさはEB-965Hが3500ルーメン、それ以外は3000ルーメンで、コントラスト比はいずれも1万:1。なおEB-950WHVは、EB-950WHに書画カメラ(実物投影機)をセットにした製品である。

 発売日は、短焦点プロジェクターが2014年12月11日、簡単・機能充実モデルが2015年2月下旬。価格はいずれもオープン。税抜きの予想実勢価格は、EB-536WTが20万円台後半、EB-535Wが15万円台後半、EB-530が14万円台後半。またEB-965Hは15万円台後半、EB-950WHは14万円台後半、EB-940Hは13万円台後半、EB-950WHVは18万円台後半。

 同社によれば、文教市場向けの電子黒板機能内蔵プロジェクターの出荷は急伸しており、2014年度上期の実績は対前年比で164%にのぼったという。政府などが教育現場でのICT(情報通信技術)活用を推進していることが背景にある。

 将来的には、全普通教室に電子黒板を1台ずつ整備することが目標とされており、「今後まだまだ加速する」(エプソン販売 VP MD部 部長 蟹澤啓明氏)。カラー映像を明るく投写できるという3LCD方式の強みなどを武器に、販売台数を伸ばしたいという(写真5)。