PR

 日本エイサーは2014年11月11日、米グーグルの「Chrome OS」が動作する「Chromebook C720」(写真)を一般消費者向けにも販売すると発表した。7月の発表時点では、教育機関と企業にのみ販売するとしていた。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。11月13日に発売する。

 Chrome OSは、Webブラウザー「Chrome」の動作に特化したOS。Chromebookは、Googleのアカウントでログインして使う。「Gmail」や「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」などWebアプリの利用を前提としている。「ストア」から対応アプリをインストールできるが、Windows用のソフトウエアは動作しない。

 Chromebook C720はCPUに米インテルのCeleron 2955U(1.4GHz)を採用。メモリーは4Gバイト(増設、交換は不可)でストレージとしてSSD 16Gバイトを搭載する。ディスプレイは1366×768ドットの11.6型。PCカメラやSDカードリーダー、IEEE 802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0が利用できる。端子はUSB 3.0、USB 2.0、HDMI、ヘッドホン/スピーカー兼用端子がそれぞれ一つ。有線LAN端子はない。外形寸法は幅288×奥行き204×高さ19.05mmで重量は1.25kg。バッテリーで約8.5時間動作するという。