PR

 イオンとビッグローブは2014年11月12日、スマートフォンのサービス「イオンスマホ」で「親子セット」を提供すると発表した。11月14日から、全国のイオン400店舗およびネットスーパーの「おうちでイオン イオンショップ」で販売する(写真1)。ファミリー層向けの様々なサービスが必要ではないかと考え、保護者用と子供用の2台をセットにした商品を提供することにしたという。料金は保護者用端末と子供用端末の2台で月額3980円(税別、以下同様)。

 料金の内訳は、保護者用が通話とデータ通信が可能な「イオンスマホLTE」、子供用はデータ通信のみの「イオンスマホ(3G)」となる。月額料金は通信料金と端末の分割代金(24回払い)を含む。また、子供用スマホからの有害サイトへのアクセスをブロックすることなどが可能なアプリ「スマモリ for イオン」が2年間無料で使える。

 保護者用のイオンスマホLTEは、月額2980円で提供中のもの(写真2左)。通信サービスはビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」ライトSプランで、音声通話オプションを含む。月間5GBまで最大150Mbpsで通信でき、使い切ると最大200kbpsに制限される。通話料は30秒20円。端末は、TCLの「ALCATEL ONETOUCH」 IDOL 2 Sとなる。「イオンお買い物アプリ」と「電子書籍アプリmibon」がプリインストールされている。

 また「イオンスマホはスマホ初心者がターゲットなので、サポート体制も厚くしている。今後サポートやサービスが重要になる」(イオンリテール 住居余暇商品企画本部 デジタル事業開発部の橋本昌一部長、写真3右)という観点で提供しているオプションの「イオンスマホ安心パック」(月額600円)が利用可能。これは電話サポートとウイルス対策、本体の破損や水濡れ発生時に安めのユーザー負担で新品に交換できる端末保証がセットになっている。また、高速データオプションを100MB当たり300円で提供する。

 子供用のイオンスマホ(3G)は、月額1000円となる。通信サービスはビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」エントリープランで、音声通話オプションは付かずデータ通信のみとなる。月間2GBまで最大14Mbpsで通信でき、使い切ると最大200kbpsに制限される。端末はJENESISの「geanee」FXC-5A。「イオンお買い物アプリ」がプリインストールされている。オプションとして、端末保証とセキュリティをセットにした「イオンスマホ安心パック親子セット」を月額300円、高速データオプションを100MB当たり300円で提供する。

 スマモリ for イオンは、ソースネクストが提供する「スマモリ」(月額371円)をイオンが24カ月無料で付けるものだ。このアプリはユーザーがインストールする。保護者用と子供用の両方のスマートフォンでアプリを動作させる。保護者用アプリの画面に子供の居場所を表示したり、子供のスマートフォン利用時間を制限したり、有害サイトへのアクセスをブロックしたりできる。有害アプリを使わせない設定も可能だ。また、会話ができるメッセージ機能を搭載する。25カ月目以降は、月額371円となる。

 このサービスは保護者用1台につき子供用は2台まで契約可能で、子供用が2台の場合は月額4980円となる。また親子セットの契約時に「BIGLOBEはじめまセット」(保護者用と子供用2台の場合は6000円)が必要になる。