PR

 NTT西日本は2014年11月17日、「フレッツ光」において、写真・動画、文書などのデータを保存して共有・閲覧できるオンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~る」の提供を18日に開始すると発表した。

 このサービスは、NTT西日本の「フレッツ光」契約者を対象に、利用容量5GBまでは無料で利用できる。さらに大容量のストレージサービスを希望する場合は、月額100円(税抜)から5段階の有料プラン(10GB~1000GB)も提供する。

 パソコン、スマートフォン、タブレットだけでなく、同社が提供するテレビ用セットトップボックス「光BOX+」からも利用できる。パソコンの場合はWebブラウザーから、スマートフォンやタブレット、光BOX+の場合は、無料の専用アプリをインストールして利用する。

 アップロードの方法は簡単で、例えば無料の専用アプリにより、パソコンの指定フォルダや、スマートフォンで撮影した写真・動画を自動バックアップする。また、サービス専用のメールアドレスにファイルを送るだけでアップロード可能なため、携帯電話からも簡単に利用できる。アップロードしたファイルは、フォルダごとに整理したり、任意のキーワードを設定してジャンル別に整理・検索できる。

 写真・動画、オフィスのデータを保存するだけでなく、ファイルのパスワードや共有期間を設定し、指定した相手にファイル共有もできる。

 契約者が複数の利用者IDを発行することで、家族や友人、職場のメンバーと一緒に利用できる。このほか、複合機で受信したFAXを、メール送信機能を利用してアップロードすることで、外出先から確認することもできる。

アライアンス企業と連携し利用シーン創出

 今後は、オンライン印刷会社、機器メーカー、ソフトウエアベンダーなど、様々なアライアンス企業との連携により、このサービスをより便利に活用できる利用シーンを実現していく予定。

 例えばオンライン写真印刷サービス(アライアンス企業はネットプリントジャパン)である。ネットプリントジャパンのWebサイトで、このサービスに保存している写真を直接指定して写真の印刷注文ができるようにする。2014年12月対応予定である。

 ネットワークハードディスク連携 (同アイ・オー・データ機器)も予定する。対応するネットワークハードディスクに保存したデータを、自動的にこのサービスにバックアップできる。2015年2月に対応を予定する。

 さらに名刺管理ソフト連携(同メディアドライブ)を展開する。名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング PRO」で取り込んだ名刺データをこのサービスに保存し、外出先から検索・閲覧できるようにする。こちらも2015年2月の対応を予定する。

[発表資料へ]