PR

 富士通研究所は2014年11月17日、LEDなどの照明にID情報などを埋め込んで、展示品の反射光をスマートフォンのカメラで写すだけで情報を読み取れる技術を開発したと発表した(写真)。

 展示商品にスマホをかざすだけで注文ができたり、舞台上のタレントにスマホをかざすだけで楽曲をダウンロードできるようになるという。

 LEDやプロジェクターの照明を人の目には見えないレベルで変化させ、照らした展示品などにID情報を付与。既存のスマホカメラとアプリで展示品の映像や反射した光から情報を検出できる。展示品の美観を損ねず、照明ごとに情報を付与できるという。

 同技術は、映像に情報を埋め込む映像媒介通信技術を応用したもの。光の三原色の各成分の強弱を時間方向で制御する色変調と呼ばれる仕組みで、光の反射を考慮して映像を補正、反射しにくい黒色の展示品も背景の映り込みで検出できるよう精度を高めた。2015年度中の実用化を目指すという。