PR

 バッファローは、iPhone内の写真を簡単にバックアップできる機能を搭載した無線LANルーター「WZR-S1750DHP」を、2014年12月上旬に発売する。専用のiPhoneアプリからルーターに装着した付属のUSBメモリーに写真をアップロードし、家族や友人らと共有できる。希望小売価格は2万3200円(税別)。

 5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nのデュアルバンドに対応した無線LANルーターで、最大1300Mbps(11ac)、450Mbps(11n)の高速データ通信(規格値)が可能。手持ちのiPhoneに専用アプリ「写sync」をインストールして起動し、アップロード開始ボタンをタップするだけで、ルーター本体に装着された32GB USBメモリーにiPhoneのカメラロール内の写真をバックアップできる。

 バックアップした写真は、ファイルサイズが100分の1のプレビュー画像を自動生成し、iPhoneから元データを削除して容量拡大した後も写真の内容を確認できる。また、プリントアウトやメール送付、SNSアップロード時など必要に応じて、インターネット経由で元データをダウンロードできる。写syncのユーザーIDとパスワードを共有すれば、他のiPhoneから写真をダウンロードすることも可能。

 このほかにも、ペアレンタルコントロール機能を搭載。端末ごとにインターネットの接続時間帯を制限できるアクセス制限機能と、有害サイトの閲覧を制限できるフィルタルング機能を利用できる。有線LANはギガビット対応で、WAN端子1基とLAN端子4基を備える。本体寸法は幅212×高さ183×奥行き34mm、重さは約600g。