PR

 ユニットコムは、国内生産PCブランド「iiyama PC」から、15.6型で4K(3840×2160ドット)液晶を搭載したノートパソコン「15X8140-i7」シリーズを2014年11月25日に発売した。BTOに対応し、メモリーやHDD容量などを変更できる。直販価格(税込み)は18万8979円から。

 厚さ25mmの薄型ノートで、CPUはCore i7-4710HQ、グラフィックスは米NVIDIAの 「GeForce GTX 970M」を採用。無線LANはIEEE802.11 ac/a/b/g/nを搭載し、外部インタフェースとしてUSB 3.0/eSATA兼用ポート、HDMI出力、miniDisplayPortなどを用意する。液晶パネルはシャープ製のIGZO液晶。光学ドライブは搭載しない。本体寸法は幅385×奥行き271×高さ25mm、重さは約2.6kg。メモリとストレージの違いで以下の3機種を用意する。

 「15X8140-i7-QTEB」は、8GBメインメモリーと500GB HDDを搭載する。直販価格は、Windows 8.1 Update搭載モデルが18万8979円。Windows 7 Professional搭載モデルが19万4379円。

 「15X8140-i7-QTRB」は、16GBメインメモリーと256GB SSD、1TB HDDを搭載。直販価格は、Windows 8.1 Update搭載モデルが21万4980円。Windows 7 Professional搭載モデルが23万7579円。

 「15X8140-i7-QTXRB」は、16GBメインメモリーと256GB SSDを2基搭載する。直販価格は、Windows 8.1 Update搭載モデルが27万5379円。Windows 7 Professional搭載モデルが28万779円。