PR

 日本IBMは2014年11月28日、クラウドベースのマーケティングオートメーションソリューション「IBM Silverpop Engage」を同日より提供開始すると発表した。

 同ソリューションでは、リード育成管理やマーケティング業務の自動化が可能となる。リード育成管理では、顧客のメール開封率や購入実績などからキャンペーン施策を評価しつつ、顧客の購入意欲向上を目指す。マーケティング業務の自動化では、顧客ごとにカスタマイズしたメールが配信できるメールマーケティングなど、パーソナライズしたコミュニケーションができるようになっている。

 具体的な機能としては、コールセンターの問い合わせ情報や店頭でのPOS情報、イベントの参加者情報など、既存システムがオフラインで収集した情報をAPI接続によって取り込む機能や、顧客の属性情報およびオンラインでの行動情報を蓄積する機能、顧客の行動情報に基づいた自動化マーケティング施策を設定する機能などがある。

 設定できるマーケティング施策としては、メールの内容や配信時間、ランディングページを、顧客の性別、年齢、好みによって変更したり、顧客が製品に興味を持ち購入に至るまでのプロセス(カスタマージャーニー)に合わせ、それぞれの段階に合わせて適切な文言や内容を設定したキャンペーンを展開したりといったことが含まれる。また、マーケティング施策の投資対効果の評価や、ターゲットユーザーの抽出やスコア付けも可能だ。

 IBM Silverpop Engageの価格は、初期費用が200万円、月額利用料が25万円からとなる(価格はいずれも税別)。