PR

 「Eye-Fi Shareカード」は一見、デジカメでよく使われるごく普通のSDメモリーカード。容量は2GBありますが、驚くことに小さなカードの中に無線LAN機能を兼ね備えています。デジカメに入れて撮れば、写真を無線でパソコンに送れます。パソコンに写真を保存するために、デジカメにケーブルをつないだり、カードを抜いたりといったこれまでの手間が、一切いらなくなるのです。

 このEye-Fi Shareカードは、SDメモリーカード対応のデジカメと、無線LANの親機があれば使えます[注]。カードに保存された写真は、無線LANの親機を経由してパソコンに転送される仕組み。親機の電波が届く場所でデジカメの電源を入れるだけで、自動的に保存が始まります。例えば、旅行から帰ってきてパソコンとデジカメの電源を入れると―ひと息ついたころには、旅先で撮りためた写真がパソコンで見られるというわけです。親機の近くで写真を撮ったときも、すぐにパソコンに転送されます。自宅で撮影した家族やネットオークション用の写真などが、その場でパソコンの画面で見られるのはうれしい限りです。

 なお、パソコンだけでなく、「ピカサウェブアルバム」などのインターネットの写真共有サービスに、写真を直接アップロードすることもできます。

 電波の強さを実際に試してみましたが、木造家屋の二階から一階の親機との間でも、問題なく転送できました。ただし、これはコンパクトデジカメの話。ボディーが頑丈なデジタル一眼レフは電波が届きにくくなるようです。

 無線化の設定は、パソコンに専用ソフトをインストールして行います。付属のカードリーダーにEye-Fi Shareカードをセットしてパソコンに差し込むと、インストールが始まります。残念なのは、「AOSS」などの自動設定機能に対応していない点。暗号化キーは自分で入力しなければならないため、無線LANの基本的な知識は必要です。

 価格は、同容量の通常のSDメモリーカードより3~4倍高くなります。それでも、無線の快適さを一度味わったら、この程度の価格差など吹き飛んでしまうことでしょう。

[注]無線LAN機能を内蔵するパソコンと直接無線でつなぐことはできません。