PR

パソコンを安定して動作させるためには、品質の高い電源が欠かせない。パーツの増設などで動作が不安定になったら、電源を交換してみよう。

 電源ユニットは、パソコンを安定して動かすために欠かせない重要なパーツだ。動作に必要な電圧は、パーツによって異なる。そのため、電源は+3.3V、+5V、+12V、-5V、-12Vといったさまざまな電圧の電源を供給できる仕組みになっている。

 あるパーツが同じ電力を消費する場合、電圧が低いとその分電流が増え、電圧を上げると電流は減る。大電流が流れるとケーブルやコネクターでの損失が大きくなる。例えばCPUには、安定して電力を供給できるよう、電源ユニットが供給する中では最も電圧の高い+12V出力が使われている。

各種電源ラインの主な使われ方

最も電圧の高い+12V出力を必要とするPCパーツは多い。+12V2ラインはCPU専用。光学式ドライブとHDDは+12Vと+5Vを、PCI Express接続のグラフィックスボードは+12Vと+3.3Vを使う。
最も電圧の高い+12V出力を必要とするPCパーツは多い。+12V2ラインはCPU専用。光学式ドライブとHDDは+12Vと+5Vを、PCI Express接続のグラフィックスボードは+12Vと+3.3Vを使う。
[画像のクリックで拡大表示]

スペックの読み方

[画像のクリックで拡大表示]