PR

「GIMP」

 この連載を始めてからずっと、より素晴らしく、便利なものをみなさんに紹介したいと、さまざまなオンラインソフトに目を光らせている。そうしていくうち、オンラインソフトは作者のボランティアとユーザーの「トラブル覚悟の試用レポート」によって完成させる、ネット上の「知的財産」だという考えがより強くなってきた。

その中でも感涙モノの「GIMP」は、UNIX生まれの素晴らしいソフト

 その中でも、激しく「感動」したものの1つが、多機能なグラフィックスソフト「GIMP」(ギンプ、ジンプなどと呼ばれる。Wikipediaの記事だ。

 これだけの多機能なソフトがフリーで提供されていることに驚くだけでなく、元々はUNIX向けだったものが、有志によってWindows版やMac版も作られ、さらに日本語版へのローカライズなど各国語への対応、フィルターやプラグインなどの機能追加プログラムなどが多数(これも有志により)作られていて、「GIMP」ワールドともいうべき、まさに、「みんながみんなの幸せのために、力を尽くし合っている」という感じなのだ。

「GIMP」を使ってみよう!(1)~ダウンロードとインストール~

 「GIMP」の世界を味わってみることにしよう。「GIMP」は、市販のグラフィックスソフトを使いこなしている筆者でもうなるスグレモノだ。ぜひ使ってみてほしい。

 ダウンロードは日本のサイトから行う。この「GIMP2を使おう」のサイトでは、日本語パッチや追加プラグインなどが置いてあるほか、使い方へのリンクや機能などが詳しく解説されている。これがきっかけで興味をもったら、情報を参照しながらいろいろやってみるとよいだろう。

拡大表示
図01 「GIMP2を使おう」のWebページ。詳しい使い方や機能、追加プラグインやスクリプトなどの紹介など、「GIMP」についてのあらゆる情報が網羅されている

 高機能なグラフィックソフトと聞いて、「私には絵心がない」「絵には興味がない」と思う人もいるかもしれない。確かに「GIMP」は、絵心のある人ならばすごく高度な作品をゼロから描き上げることも可能だ。ただしここでは多くの人が興味を持てそうな機能を選んで紹介しよう。ロゴ作成と、デジカメ画像などを読み込んでフィルターをかけて画像を芸術的にして遊ぶ、という2つの使い方だ。これなら誰でも簡単にできて、かなり楽しめる。

 まず、「GIMP2を使おう」の「GIMP for Windows のダウンロード」をクリックし、「GIMP2のダウンロード」ページの「通常版 GIMP2.4(インストール必要)」の「gimp-2.4.5-i686-setup.zip」をクリックして、「GIMP」をダウンロードしよう。

図02 「GIMP2のダウンロード」ページからインストーラーをダウンロードする

 ダウンロードしたら、ファイルを解凍し、フォルダ内のインストーラをクリックして、インストールする。
 ウィザードでは、「Next」をクリックしていけばよい。最後にインストール完了を確認して「Finish」をクリック。

図03 「GIMP」のインストールウィザード。基本的にデフォルトのままクリックしていけばOK

 インストールが完了すると、「GIMP」が自動的に起動する。起動するまで表示されるキャラクターは「ウィルバー」。犬なのか狐なのか、その実態は謎に包まれているらしい。

図04 「GIMP」起動時に表示される、愛嬌あるキャラの「ウィルバー」

図05 デスクトップのアイコンも「ウィルバー」だ