PR

A770M-A(AMD 770)

ECS
実勢価格:1万円弱
問い合わせ先:日本エリートグループ(ecsinfo@ecsjpn.co.jp、http://www.ecsjpn.co.jp/)

注目
Socket AM2+に対応し、新型CPU「Phenom」の機能を発揮できる
PCI Express 2.0、Hyper Transport 3.0など、最新の機能に対応
シンプルなオンボード構成のため、1万円弱と手ごろな価格

1ノースブリッジはPCI Express 2.0対応の普及モデル「AMD 770」。上位モデルとの違いは、CrossFireに対応しない点など2サウスブリッジは従来と同じ「ATI SB600」。4ポートのSerial ATAと1ポートのUltra ATAを装備。AHCIやRAIDにも対応する3eSATAポートを実現する「JMicron JMB361」。PCI Express接続4HD Audio対応のコーデックチップ「Realtek ALC883」5Gigabit Ethernetコントローラー「Realtek RTL8111B」。PCI Express接続
1ノースブリッジはPCI Express 2.0対応の普及モデル「AMD 770」。上位モデルとの違いは、CrossFireに対応しない点など2サウスブリッジは従来と同じ「ATI SB600」。4ポートのSerial ATAと1ポートのUltra ATAを装備。AHCIやRAIDにも対応する3eSATAポートを実現する「JMicron JMB361」。PCI Express接続4HD Audio対応のコーデックチップ「Realtek ALC883」5Gigabit Ethernetコントローラー「Realtek RTL8111B」。PCI Express接続
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 最新の「AMD 7」シリーズチップセットを搭載しながら、実勢価格1万円以下という低価格を実現した製品。普及モデルに位置付けられる「AMD 770」は、2枚のグラフィックスボードで3D性能の強化を図るCrossFireこそサポートしないものの、PCI Express x16スロットは最新バージョンの2.0に対応。AMDのRadeon HD 3800シリーズや、NVIDIAのGeFor-ce 8800 GTなどを搭載したPCI Express 2.0対応グラフィックスボードと組み合わせれば、従来の倍となる広大な帯域幅を利用できる。Socket AM2+対応で、新型CPU「Phenom」の性能を十分に発揮するHyperTransport 3.0をサポートする。また、Athlon 64 X2といった従来のCPUも搭載できるため、安価なシステムを構築したい場合にも適している。

 オンボード機能は比較的シンプルだが、PCI Express接続のGigabit Ethernetや7.1チャンネル対応のHD Audioといった必要最低限のものを装備。さらに、JMicron製コントローラーによるeSATAポートを備えており、1ポートに複数台のドライブを接続できるポートマルチプライヤーにも対応する。

 ほかのATI SB600搭載マザーボードでも同様なトラブルは生じるが、Windows Vista標準のAHCIドライバーでは、うまくインストールができなかった。そこで、RC版のService Pack 1を適用したWindows Vistaを試したところ、問題なくインストールできた。AHCIを利用する場合は、Service Pack 1がリリースされるまで、もうしばらく待つとよいだろう。

 なお、本製品はFDDをサポートしていない。Windows XPのインストール時にRAIDドライバーなどを読み込ませる場合は、USB接続のFDDなどを別に用意しておく必要がある。

PhenomのメモリーコントローラーはDDR2­1066まで対応し、BIOSでもDDR2­1066に設定できるが、本製品はDDR2­800までの対応となっている。
PhenomのメモリーコントローラーはDDR2­1066まで対応し、BIOSでもDDR2­1066に設定できるが、本製品はDDR2­800までの対応となっている。
[画像のクリックで拡大表示]
CPUファンとケースファンの回転数を制御する機能を装備。回転数の初期値や増分など、細かく設定できる。
CPUファンとケースファンの回転数を制御する機能を装備。回転数の初期値や増分など、細かく設定できる。
[画像のクリックで拡大表示]
I/Oパネルには、eSATAや、6ポートのUSBなどを備える。eSATAは、1本のケーブルで複数台のドライブが利用できるポートマルチプレーヤーもサポートする。
I/Oパネルには、eSATAや、6ポートのUSBなどを備える。eSATAは、1本のケーブルで複数台のドライブが利用できるポートマルチプレーヤーもサポートする。
[画像のクリックで拡大表示]