PR
PFU(http://www.pfu.fujitsu.com/
ScanSnap S510 実勢価格:約4万8000円

設定を変えずにすぐ使える、使い勝手の良さが魅力

 2001年に初の個人向け製品を発売し、以来累計22万台を出荷した実績があるPFU。現在の主力機種である「ScanSnap S510」は、簡単に設定でき、すぐに使い始められる。よく使う設定項目が標準でオンになっているのはありがたい。付属の管理ソフトの使い勝手が良いのも特徴。初心者に安心して薦められる製品だ。

 読み取り速度は最大18ページ/分(片面時)。A3判や不定形サイズの文書はそのまま読み取れず、専用の「キャリアシート」に挟む必要がある。ビジネスの現場で発生する種々雑多な大量の文書を管理するため、高機能なファイル管理ソフト「楽2ライブラリ パーソナル V4.0」をバンドルした製品もある。単品で2万5200円の本ソフトを含み、実勢価格は約6万円。なお、姉妹機としてモバイル利用を想定した小型な「同 S300」がある。読み取り速度は最大8ページ/分(片面時)で、PDF編集ソフト「Acrobat 8 Standard」も付属しないが、実勢価格は約3万円と安いのが魅力だ。

【主な製品仕様】