PR

 デジタル放送の最大の魅力は、何といってもハイビジョンと呼ぶ高品質の映像にある。一般にハイビジョン放送と呼ばれるのは、垂直解像度が1080ドット表示の映像(1080i)で放映される番組のこと。地上デジタル放送では最大1440×1080ドット、BSデジタル放送だと最大1920×1080ドットとなる(図8)。地上アナログ放送は720×480ドット(480i)なので、情報量に換算すると4倍以上の違いがある。

【ハイビジョン映像だとこんなに違う】
<font color=図8 地上アナログ放送は「480i」と呼ぶ720×480ドットの解像度。一方、地上デジタル放送は最大で1440×1080ドット、BSデジタル放送は最大で1920×1080ドット。どちらも「1080i」と呼ばれ、いわゆるハイビジョン画質を指す">
図8 地上アナログ放送は「480i」と呼ぶ720×480ドットの解像度。一方、地上デジタル放送は最大で1440×1080ドット、BSデジタル放送は最大で1920×1080ドット。どちらも「1080i」と呼ばれ、いわゆるハイビジョン画質を指す

 図9に地上アナログ放送とハイビジョン放送の映像品質の差を比較した。アナログ放送では伝わりにくい物質の質感が、ハイビジョンでは明確に伝わる。特にハイビジョンに対応した映画やコンサートなどでは臨場感が従来と段違いだ。一度、ハイビジョン放送に慣れてしまうと、地上アナログ放送の画質には戻れなくなってしまう。アナログ放送からデジタル放送へ移行する最大の理由は、このハイビジョン映像の美しさにあると言ってもよい。

図9 地上デジタル放送(480i)と地上アナログ放送(1080i)で放映された同一番組を録画し、液晶ディスプレイで再生した状態で撮影した。480iの映像では分かりにくかった花びらの質感が、1080iの映像では鮮明になる
[画像のクリックで拡大表示]

 もちろんデジタル放送だからといって、必ずしもすべての番組がハイビジョン放送で視聴できるとは限らない。ハイビジョンが普及する前の古いコンテンツを再放映した場合は、デジタル放送でも画質はアナログ放送と同等になるからだ。特にドラマやアニメなどの専門局が多い110度CS放送では、過去のコンテンツに依存する傾向が強い。

 もっとも、日々の番組を数多く制作する地上デジタル放送やBSデジタル放送では、大半の番組がハイビジョンで構成されている。110度CS放送でも映画専門局などを中心に番組のハイビジョン化を進めている。番組のハイビジョン化はもはや時代の趨勢(すうせい)だ。