PR

 統合セキュリティ対策ソフトである「KINGSOFT InternetSecurity U」は、「AntiVirus U」(ウイルス対策)、「PersonalFirewall U」(パーソナルファイアウォール)、「SecurityCare U」(システム診断)という3種類のソフトからなる。ときどき表示されるポップアップ画面内に広告を表示することで無料化を実現している。

まずはユーザー情報登録

 セットアップ後の初回起動時に、ユーザー属性を登録する画面が表示される。配信される広告にも影響しているようだ。「公開しない」という設定項目も用意されている。

ユーザー情報登録画面
ユーザー情報登録画面

ポップアップで広告表示

 パソコンの使用中に表示されるポップアップ画面内に広告が表示される。純粋に広告だけが表示されることもあるが、通常はKINGSOFT InternetSecurity Uの動作状況の通知を兼ねる。Web広告と同様に、クリックすれば詳細情報が表示される。

広告だけを表示している例
広告だけを表示している例
動作状況の通知と一緒に広告が表示されている例
動作状況の通知と一緒に広告が表示されている例
メールスキャン後の通知と一緒に広告が表示されている例
メールスキャン後の通知と一緒に広告が表示されている例

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料