PR

 無料のアンチウイルスソフト「avast! 4 Home Edition」は、リアルタイムと手動、両方のウイルスチェック機能に加え、電子メール、Webサイトへのアクセス、IM(インスタントメッセージング)、ファイル共有ソフト等の通信を監視してウイルスを防ぐ機能を持つ。

 また、ウイルス修復データベース(VRDB)を作成することで、ウイルスに破壊されたシステムファイル等を修復することも可能だ。

 手動チェック用のメイン画面はスタートメニューや通知領域(タスクトレイ)のアイコンから呼び出せる。「再生ボタン」をクリックするとスキャンが始まるMP3プレーヤーのようなデザイン。スキャン時には、調査するドライブや圧縮ファイル内の検索などを指定できるが、指定内容は保存できない。自動スキャンのスケジュールとともに、有料のProfessional Editionでないと使えない機能だ。

メイン画面
メイン画面
[画像のクリックで拡大表示]

 検索画面は「スキン」を入れ替えると外観が変わる。スキンは2種が標準で付属するほか、インターネット経由で追加できる。個性的だがやや古くさい印象も受ける。

外観を変えられる
外観を変えられる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料