PR

 仕事が思うようにはかどらない──その原因は、パソコンにあります。キーボードで誤入力したり、ソフトの起動が遅いなどストレスは付き物。これを一掃すれば、仕事は格段に効率化できます。「速い」「軽い」「わかりやすい」3拍子揃った本当に役に立つフリーソフト17本を紹介します。

 日々の仕事をもっと効率的にこなしたい──そう思っているなら、ぜひこの特集をご一読いただきたい。紹介するフリーソフトをパソコンに導入すれば、作業効率をグンと上げられる。目からウロコの機能が追加され、今まで四苦八苦していた仕事も手際よくこなせるようになるはずだ。

 一般に“仕事が遅い人”の机は汚いもの。電卓やメモ帳、手帳などが散乱し、必要なものを探してもなかなか見つからない。仕事の効率は下がる一方だ。

 そこで、よく使う文房具や事務機器をすべてフリーソフトに置き換えてパソコンに組み込もう(図1)。必要なものはいつでもワンボタンで呼び出せて、すぐに使える。机もスッキリするので、目に見えて仕事がはかどる。

図1 付せん紙、メモ帳、電卓、ICレコーダー…。あなたの机の上がさまざまな機器や文房具で埋もれているなら、今すぐパソコンに“文具代わり”のフリーソフトを導入しよう。パソコンの操作性が上がり、机の上もスッキリ片付くはずだ
図1 付せん紙、メモ帳、電卓、ICレコーダー…。あなたの机の上がさまざまな機器や文房具で埋もれているなら、今すぐパソコンに“文具代わり”のフリーソフトを導入しよう。パソコンの操作性が上がり、机の上もスッキリ片付くはずだ

 この特集では仕事の効率を上げる17本のフリーソフトを3日間に分けて紹介する(図2)。

図2 10本のフリーソフトと7本のビスタ用ガジェットを3つのパートに分けて紹介する。「必須ツール」は、キーボードやマウスなど普段よく使う機器の操作性を上げるためのソフト。「文具系ツール」は付せん紙や電卓など文房具代わりに使えるソフト。そして「ガジェット」は、ビスタのサイドバーに登録して使うミニソフトだ。個々の対応OSは、記事中の記述を参照のこと
図2 10本のフリーソフトと7本のビスタ用ガジェットを3つのパートに分けて紹介する。「必須ツール」は、キーボードやマウスなど普段よく使う機器の操作性を上げるためのソフト。「文具系ツール」は付せん紙や電卓など文房具代わりに使えるソフト。そして「ガジェット」は、ビスタのサイドバーに登録して使うミニソフトだ。個々の対応OSは、記事中の記述を参照のこと
[画像のクリックで拡大表示]